糖尿病

人は、膵臓で作りだされるインスリンというホルモンで、血液の中からブドウ糖を細胞に取り込んでエネルギーとして利用しています。インスリンの作用が不足すると、ブドウ糖を利用できなくなり、血液中のブドウ糖濃度が高くなります。これを高血糖といいます。この状態が継続するのが糖尿病です。尿から「糖」がでることに由来していますが、尿に糖が出る病気ではありません。逆に糖尿病の人でも必ずしも尿糖が出るとは限らず、診断のための絶対的な指標にはなりません。大事なのは血糖値が高くなるということです。
糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病があり、1型は膵臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊されインスリンが全く作れなくなるため起こるもので、日本人の糖尿病の9割以上を占める2型は、遺伝によるインスリン分泌不全(血糖の上昇に対応して瞬時のインスリン分泌が起こらない)と環境因子であるインスリン抵抗性(肥満・運動不足・ストレス等によるインスリンの作用不足)によっておこるとされています。